昼間ディナーなどに色んなものを食べてました

昼間ディナーはおすまし汁とディナーを食べました。今回は、わかめがとってもあるおすまし汁にしました。先、そのおすまし汁の時折麩が入っていました。麩があるおすまし汁は、果てしなく久しぶりでした。麩を食べたのもすごく久しぶりでした。おすまし汁を食べてしばらくしてから、ポッキンアイスと呼ばれているアイスを食べました。常温の状態で売られているので、最初に冷凍庫で凍らせてから食べました。冷えていて美味しかっただ。そして、夕ごはんの前に、前の日に買って残っていたパンを食べました。そのパンはコッペパンで、時々チョコレートのクリームとホイップクリームが入っていました。袋を開けてみると、チョコレートのクリームの匂いがしてきました。食べるとチョコレートのクリームとホイップクリームの因縁が良くて美味しかっただ。その次に白ディナーを炊きました。そして、注文に行きました。間で食するパンを買いました。レーズンパンを買いました。脱毛鼻下

単純で尚更に簡単な職をやってみたいのですが

乳幼児無しの稼業母親ですが、最近つい生業を探している。と言っても定年族なので長期で勤めるのは無理ですし、飽くまでもパート身近ですが。
東京で生業を探してみてよく見かけるのが「工房での軽オペ」という記帳だ。
軽オペで時給1,000円以来くれるんだ、と安易に考えていたけれども、実にデタラメが違うみたいです。
バッグの上げ下ろしや場所の違いなどをしなくてはならず、かなりの労役だということがほかのクライアントのウェブログを読んでいて分かりました。
だったら、軽オペという記帳はしないで望むものです。多分、これは生業を探している人からすれば普通の部類らしいのですが。
でも、軽オペって書いてあったらふつうは楽な生業かな、などと思いがちですよね。
何かと生業を探してみて、内職的生業につきたいなあ、という気がしている。
ステッカー貼り、包装などと書かれた求人は本当に諺通りに受け止めていいものか、悩みどころですね。
簡単なオペと銘打たれていても、それがエサだったり講じるのかもしれず。未だに応募していません。マカMIU

昔好きだった曲が思い出せないのでがっかりです

昔よく音楽を聴いていたのですが、誰が歌っていたのかとか、タイトルを思い出せなくて凄く悔しい気がしています。私が思い出したい曲は私がアメリカに留学をしていた時の曲なのですが、その当時のヒットチャートをネットで調べていても見付からないし、アメリカにいた時にアメリカ人の知り合いが車の中で掛けていたCDも探したくても全く覚えていないので全く見付けられない状態でいるのでどうやったら見付けられるのかなと思っています。でもその当時の曲を全て聴いていかない事には絶対に思い出す事も出来ないだろうし、探している曲が私の頭の中にだけ有るのでそれだと誰にも見付けてもらえないなという感じで困っています。鼻歌を歌えるほども覚えていないのですが、あの時アメリカで聴いていた曲を揃えたくて仕方が無いので凄くショックです。こんな事ならアメリカにいた時に好きな曲のCDをすぐに買っておけば良かった、そう思いました。凄く失敗をしてしまったのですが、諦めずにその当時の曲を探してみて聴いてみようと思っています。http://www.antaitalia.org/

オバマが広島にがテレビジョンで巡りっぱなしなんですが

確かに話題になるのは常識だし大きな連絡だと想う。
コンペティションを忘れないのは重要なのは分かりきっていて、今や今の年代は直接的コンペティションは知らないし、戦後も知らない年代になってきつつある。
そういうのは大切なんだと想うんだけど、なんで広島にしまうかなとも想う。
やはりと言うか当然のようにその連絡と共に、当時原爆を落としたリライアビリティとかのテーマがセットで流されるわけで、これは絶対にソリューションなんて来ることはありえない。

更にとっくに亡くなったけど、私のおじいさんはコンペティションにいう人様です。
だけど物心ついてから亡くなるまでの瞬間、コンペティションの言明を一度もしたキャリアがない。
小学生の夏休みの宿題でコンペティションについて調べて文を書くという障碍があったけれど、そのときもおじいさんから言明は聞けなくて、仕方なくおばあちゃんから聞いたキャリアが生じる。
おばあちゃんもその時以外でコンペティションの言明はしたことはなくて、今だから思うけど二人にとってコンペティションとは自分の乳児や孫には予想もさせたくないものなんだと想う。

だからこそなのか、コンペティションの引き上げの様な賑やかがTVで流れ出る度に、嫌な気持ちになって仕方ない。
各々が思い起こしたり、心に留める事であって、真に知らないヤツがミーティングする事ではないと想うから。http://www.groves-center.com/

本を読むためだけに人々が集まる図書館というところは・・

今日は日曜日。図書館でのアルバイトの日でした。
月に2度か3度、土日祝日のみ限定のアルバイト。それも確実にあるお仕事ではなくてピンチヒッター要員です。もうすぐ60に手が届こうかという私にはこれくらいがちょうどいい。もともと本が好きなのですが、ある時本そのものも好きだけど「本のある空間」が好きなことに気付いたのでした。それなら本屋さんもあるでしょうといわれますが、ちょっと違ってお勤めするなら図書館が良い。返却された本を書架に戻して歩くのは結構な重労働ですが、自分ならまず読まないようなジャンルの棚をうろうろと歩くのはけっこう楽しい。今どきの図書館は漫画もあって、漫画を買わない家庭で育った私は遅ればせながら「ベルばら」なんかを休憩時間に読むのを楽しみにしているのです。今日は娘が昔よく読んでいたシリーズを返却しにきた女の子がいて、次に借りる本もやっぱり娘が読んでいた本でちょっとうれしくなりました。ポニーテールで眼鏡をかけて雰囲気までなんだか似ていたりして・・本を読むためだけに老いも若きもいろいろな人が集まってくる図書館。なかなか素敵な場所です。今のペースであと少しの間お勤めできればいいなあ。漢方薬 ダイエット

テレビでも私生活でも色々頑張っていそうなTOKIO山口達也さん。

TOKIO山口達也さんが、アルコール依存症の治療に定評がある病院に月1ペースで通っているとの報道がありました。離婚してから2ヶ月、色々思い悩むこともあったのかなと思いました。山口さんはお酒が好きでよく飲むそうです。芸能界という厳しい異世界で働くには、ストレスが半端なく溜まってしまうと思います。そのストレスをお酒で発散しているとしたら、気の毒ですね。身体にも悪いし、何も解決しないと思うからです。テレビではいつもニコニコ元気です。性格も良いと評判です。そこのクリニックで受診する時、丁寧にお辞儀をしてとても低姿勢だったそうです。それだけで好感が持てます。そして自分で通院しようと決めたのだから凄いですね。なかなか分っていても通院するまでには至らないと思うからです。でも通院していることはデリケートでとてもプライベートなことなので、知られたくなかっただろうなと思います。こんな感じで世の中に知れ渡ってしまって気の毒です。でも色々葛藤しながら頑張っているんだと思って、逆に好感を持ちました。急にお金

普段はいらない甘いもの。でも好きな種類だとつい。

今日は職場の隣のお菓子屋さんから、賞味期限が今日のお饅頭をいただきました。毎回、私の好きなものではないものをくれることが多くて、あまり食べないのですが、今日のお饅頭は実は大好きなお饅頭。酒まんじゅうです。ほんのりと香り、そしてほんのりと風味がある日本酒の味。とても大好きです。美味しいなって思う大人のな字的な感じ?夜だというのに、もう2個目に手を伸ばしてしまいました。晩ご飯のあとの、甘い誘惑。これは危険な香りがします。もう寝ないといけない時間なのに、どうしてかまた食べてしまう。これはヤバイです。デブへの階段登り始めてる?ダイエット?どこいったの?とりあえず、手を伸ばした二個目は完食して、あとの残りは見ない見ない!思い出さない!食べたい気持ちと、危ない予感とが交互に登ってきて、複雑な気持ち。食べてしまったものは仕方がないのですが・・・。とりあえず今日までの賞味期限だとしても、明日の朝に食べようかなって思いました。http://www.fonfix.co/ude-datsumo.html

飲み過ぎたのは、自分のせいよ。明日が辛い。

飲みすぎちゃダメ、と頭で分かっていても、ついつい飲みすぎてしまうのがお酒です。

昨日も今日も飲みすぎてしまい、自宅に帰ったら鬼の形相の嫁が待ち構えます。

そして、男は、免罪符のように「これも仕事なんだから仕方ないんだよ」と繰り返します。

何度やっても、同じ繰り返し。

それがお酒なんでしょうけど、よくよく考えてみたら、帰ってくるか、帰って来ないか分からない旦那の為にご飯を作って待っている嫁の気持ちを考えると、やはり心が痛みます。

こんな気持ちは理解できますが、今日も酒に誘われれば、着いて行ってしまう心の弱さが悲しいです。

昔から、飲む、打つ、買うは男の甲斐性などと言われていますが、最近の女性は強くて、そんな男の甲斐性は認めてくれません。

夫婦円満の秘訣は、禁酒なのではと思うこの頃ですが、仕事のことを考えると、やっぱり飲みに誘われれば行ってしまう自分がいます。

こんな悩みは、サラリーマンの永遠の悩みなのでしょうか。

明日の朝も、辛そうです。お嬢様酵素 ドラッグストア

セカンドクリエイターってどんな人だろう?

最近読んだ本の中で、「セカンドクリエイター」という言葉が出てきました。

聞いたことない言葉だったので、なんかおもしろそうだなと思ったのですが、これはお笑い芸人のキングコング西野さんが作った言葉だったんですね。

西野さんといえば、芸人として売れたあと、今は絵本作家として活躍していますよね。

西野さんは絵本の原画展を開いていて、そこで原画を見た人が今度は本屋で西野さんの絵本を買ってくれます。
絵本や絵を描く西野さんがファーストクリエイターだとすると、それを見て作品を広めていってくれる人のことを、西野さんはセカンドクリエイターと呼んでいるそうです。

これ、Twitterでもよく見られますよね。たとえばほぼ毎朝、連続ツイートを投稿する茂木健一郎さん。彼には一定数ファンがいて、その中には熱烈な茂木さんファンもいます。

その人たちが毎朝の連続ツイートをまとめたサイトを作っているんですね。
セカンドクリエイターという考え方はとてもおもしろいなと思いました。お金借りる 即日

デパ地下なのに意外とコーヒー豆が安くてびっくりした

デパ地下というと、高くていい食品が売られているというイメージです。
たまの贅沢にはいいけど、普段使いの食品を買うには家計的に無理かなあと思っていました。
実際、ほとんどの食品はお高めの値段ですけどね。
そんなデパ地下でたまたまブラブラとみていた時のこと。
コーヒー豆のコーナーをのぞいてみると…あれ?いつも買う店より少し安いじゃないですか。
いつも買うのは、コーヒー豆と輸入食品のチェーン店。
わりとリーズナブルな値段だと思って買っていました。
なんと、そのチェーン店より安かったんです。ちょっとショック。
デパ地下ですから、品質は確かなはず。
今回はまだ家に大量の挽いたコーヒー粉があるので購入しませんでしたが、なくなったらこちらのデパ地下で買ってみようと思います。
なんで安いんでしょう。不思議。
これで味が劣っていたら値段相応なんでしょうけど、それではデパ地下の品質問題にかかわりますよね。
仮にもデパ地下(過大評価?)やっぱりワンランク高い品質のものを扱っててほしいです。http://www.pocketgamemaker.com/