風邪は万病の元といいます。暖かくしてよく睡眠を摂ることが早く治すコツで、薬は補助的なものです。

寒い時期が続いて身体が弱ってしまうと「かぜ」を引いて体調を崩しやすくなります。

かぜを引いたらすぐに「病院」に行って「注射」や「点滴」を受けてその時に「かぜ薬」の処方を受けて薬局でかぜ薬を受け取ります。

かぜは「鼻」や「のど」等から引き起こすので、それぞれの症状によってかぜ薬を飲み分ける必要があります。

かぜ薬には症状に合わせたものやすべての症状を和らげる「総合感冒薬」があります。

「顆粒」や「錠剤」や小児向けに作られた「飲み薬」等があり、身体に塗って呼吸をしやすくする「塗り薬」の種類があります。

この10年でお湯に溶かして飲むという総合感冒薬が登場し、飲むと「生姜」(しょうが)の作用で身体が温まり、レモンの果汁で口内を湿らせてかぜの症状を和らげるものが各メーカーから販売されています。

かぜ薬は「飲めばすぐに効く。」というものがあれば「ノーベル医学賞」を受賞ものだと言われていますが、いつしかかぜの症状がすぐに無くなるかぜ薬があればいいなあと感じています。総量規制対象外でお金借りる