二酸化炭素排出削減に向けた栃木県の取り組み

CO2削減に向けた取り組みが地球規模で行われていますが、私の故郷である栃木県でも、地域毎にいくつかの取り組みがあります。

栃木県北部の温泉が豊富な町では、温泉熱を活用してシャワーのお湯や暖房の熱源になっています。
温泉熱を活用することにより、燃料を使ったボイラーの使用を少なくし、CO2の削減に繋げています。

栃木県北部は酪農が盛んで、栃木県は生乳産出額で本州一です。
飼育されている牛の数が多いため、排泄される糞尿も大変な量となります。
これらの糞尿から発生するガスを利用したバイオガス発電に取り組んでいます。
また、小型水力発電施設を整備し、農業用水路と地形を利用した水力発電にも取り組んでいます。

栃木県南部では、観光イベントの促進のため、CO2排出削減・温室効果ガス排出削減に取り組んでおり、カーボン・オフセットの認証を環境省から受けました。
カーボン・オフセットとは、観光イベントで排出するCO2の相当額をCO2削減プロジェクトに投資することで排出分を相殺することです。
この取り組みを通して、社会貢献につなげ、観光イベントへの集客効果を期待しています。
カーボン・オフセットの取り組みは栃木県だけではなく、お隣の群馬県や茨城県と共に北関東3県の自治体や企業、大学などが集まり団体を設立しています。

個々の努力でCO2排出を削減する必要がありますが、現実には費用の問題で設備投資できない場合もあります。
そんな場合に、このカーボン・オフセットの取り組みは力を発揮します。

環境保護は地球に住む全員が取り組むべき課題なのです。http://www.protoexpress.co/kakaku.html

価値観の違いを感じる事は、誰しもあるのではないかと思うのです。

価値観は人により、とても違いがあると思います。

冬の寒さには、だれしもストレスさえ感じるものです。
これから暖かくなることで、その寒さからのストレスはなくなると思うのです。

背骨を矯正する手術をしていますから、余計に足先の感覚として寒さを感じて、ビリビリする事もある様に思います。

お仕事先でも、自分と相性があう人がいるとホッと和んだ気持ちをもつ事もあります。

でも先輩からは、私ではなくその私と相性の合う人は、かばうことをしてもらえる様です。
身体が弱い人でも働く事ができる職場で働いていますが、みんなからだの弱さはそれぞれにあります。

先輩である上司となる人が、その人だけをかばう仕事の方法に私はあまり理解は出来ないのです。

私は大切な人を亡くしてから、生きるにも価値観が変わってきました。
生きてても何も楽しくない、だからほんの少しの事でも楽しい又面白いと感じる様にしようと、思い始めました。

後悔することは多い私ですが、一生懸命また余計な力を抜いて生きていきたいと感じています。http://www.pcb4u.co/